aiによる薬剤師業務の代行は広がり始めている

人とのコミュニケーションは苦手なAI

私が見てきた現場でも、実際にこういった技術を用いて単純作業を行わせているところがありました。
具体的なのか、事務処理における作業です。
医薬品を取り扱う人は、単純に薬を調合して提供するだけではなく、事務処理を行って様々なデータの管理を行わなくてはいけないという側面があります。
当然ですか、これらの作業を1日の中で全て行なっていくと時間がいくらあっても足らなくなります。
そこで、単純作業に関してはaiに任せておくことによって、人間側の負担を軽減するように考えるようになったわけです。
こうすることで、現場で働いている人たちも都合よく作業を行えます。
もちろん、aiを導入したとしても効率的に作業を行うことができない分野も現実的には存在します。
代表的なのが、人間とのコミュニケーションをとることです。
薬剤師は、医薬品の処方や購入にやってきた人物とコミュニケーションを取りながら最善の選択を提案しなくてはいけません。
こういった服薬指導に分類される作業については、機械的な基準によって行う技術がまだまだも追いついていないという背景が存在します。
この場合、専門の人材がいないとどうすることもできません。

薬剤師の業務をAIが代行する時代に人とのコミュニケーションは苦手なAIAIをどのように活用するかが重要

薬剤師 ai薬剤師がAIを生かす時代に