aiによる薬剤師業務の代行は広がり始めている

AIをどのように活用するかが重要

一方で、薬局などに赴くことができない人などに対しては、様々なデータを収集した情報をもとに医薬品の提供を行うことができるようにも工夫しているところがあります。
私が見たところでは、在宅医療でこういった方法が有効活用されている所がありました。
高齢者世帯では、行きたくても病院や薬局に行くことができない人がいます。
この場合、検診をすることができないのでどういった医薬品などを提供すればよいのかがわからないケースも珍しくありません。
このようなケースで、aiを活用して様々なデータを参考に最善の医薬品を持って在宅医療を行うことができるように工夫をしているわけです。
この作業だけでも、医師や薬剤師の負担を軽減させられます。
技術が発達していったとしても、このようなコミュニケーションが必要な場合というのは必ず存在します。
重要なのは、それらの技術と上手く付き合いながらどういった形でサービスを提供していくのかという点に尽きるといえます。

薬剤師の業務をAIが代行する時代に人とのコミュニケーションは苦手なAIAIをどのように活用するかが重要